東別院

テスト – [#2360]

テスト

文化のみち 二葉館

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

愛知の祭り【知多の山車祭り】
名古屋の南に位置する知多半島は山車祭りがとても多い地域です。面積は山手線の内側とほぼ同じで、鉄道の駅はおよそ50駅ほどあり、大雑把に言えば、半島北部は工業、中部は伝統産業、南部は漁業、中央部では農業が盛んというところです。このエリアで山車祭りはじつに鉄道の駅と同じ数の50箇所で行われており、山車の総数は120台になります。その多くが江戸時代から続くものです。なぜこんなに山車祭りが盛んなのかというと、知多半島は江戸時代には知多廻船という海運と、半田の酢に代表される醸造で栄えた交易の拠点だったということがあり、また江戸時代前半に名古屋や犬山で始まった山車祭りの影響があって、富を得た町衆が山車を競うように造って祭りを始めたことが背景にあります。
知多の山車祭りのピークは3月下旬から5月上旬にかけて、この時期は毎週どこかで山車祭りが行われています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA